競馬

競馬 チャンピオンズカップ 予想

名称変更され2年目のチャンピオンズカップが中京競馬で開催される。連覇をかけたホッコータルマエ、昨年と同ローテ調子上向きのコパノリッキーが人気を集めそうだ。ホッコータルマエは昨年、チャンピオンズカップの前のレースJBCクラシックで先行するも、逃げたコパノリッキーの4着に敗れた。本番のチャンピオンズカップでは当然コパノに次ぐ単勝2番人気。単勝1番人気のコパノが出遅れて逃げられず力を出し切れなかった中での優勝であった。しかし、そこからは怒涛の連勝を飾りダート王者に相応しい実績を残している。コパノリッキーも、その後フェブラリーステークスに優勝し、前走ではホッコータルマエを破っている。2頭とも前年と同じような感じで挑むチャンピオンズカップ。今度こそ勝負と言えるのではないか。チャンピオンズカップの舞台である中京ダート1800メートルは、他場の同距離より時計がかかる特徴がある。そしてゴール前の直線が他場より短い事実は、逃げ先行に非常に有利に働く傾向がある。昨年馬券に絡んだ3頭は4角4番手以内であった。追い込み一辺倒では勝てないレースがチャンピオンズカップだ。その事は騎手もよく知っているはずなので、展開的にチャンピオンズはスローになることはないだろう。よって各馬早めに動き前が潰れるような事があれば波乱も考えられる。狙い目は好位からレースを進め4コーナーから遅れず進出して、長く良い脚を使う馬になる。単勝1、2番人気の組み合わせで終わらないとすれば、サウンドトゥルー、サンビスタ、ダノンリバティ、ナムラビクター、ロワジャルダンあたりはチャンピオンズカップの伏兵と言える。ホッコー、コパノに次ぎ人気になりそうな3歳馬のノンコノユメの評価が難しい。相手関係が良くつかめないからだ。最後の決め脚は光るものがあるが…この舞台の適性を考えればどうだろうか?チャンピオンズは押さえまでとしておきたい。

競馬 チャンピオンズカップ オッズ

チャンピオンズカップのデータが乏しいだけあり、力関係での判断になるのでオッズは上位3頭に偏る感じがする。こういうケースは3強的に捉えられるが、実際は3頭で独占するケースはデータ的に少ない単勝、複勝、馬連の売れ具合に矛盾が見られた時など、中穴が馬券に絡み高配当または中穴通しで決着し万馬券決着もあり得る話。チャンピオンズカップ当日の朝からオッズには充分注意しておくべきだろう。先週のジャパンカップも同じような背景があった。先週に引き続きオッズチャンピオンズカップは馬連100倍超が出るかもしれない。

地方競馬で毎日が給料日!?

完全自動競馬投資ソフト(地方競馬)

競馬、中央競馬、地方競馬。
地方なら競馬で毎日儲けることが出来るかも。

地方競馬版!
安心楽々無期限無制限サポート付き!

完全自動競馬投資ソフト(地方競馬)