競馬 エリザベス女王杯

競馬 エリザベス女王杯 予想

昨年のエリザベス女王杯2着のヌーヴォレコルトが単勝1番人気だが、絶対的でなく前日夕方時点のオッズは3.0倍と安定さに欠ける。一方、昨年の覇者ラキシスが5.7倍で2番人気、以下は今年のオークス2着のルージュバック、秋華賞トライアルで優勝馬ミッキークイーンを破ったタッチングスピーチが10倍下と続く。オッズを見る限り本命では終わらないレースだと感じる一方、穴通しで決まる可能性も低いと予想している。上位4頭のうち1頭と穴馬が飛び込んでくる事を祈りながら予想したい。

 

予想するうえで加味しなければならないのは馬場状態。あいにく明日は雨が残りそうな雰囲気で、馬場が渋り時計がかかれば穴馬突入の可能性も大きくなる。そこで押したいのがメイショウマンボ。2年前のこのレースの覇者だが、その時も重馬場であった。時計のかかる適性はスズカマンボ産駒が得意とする所ではないでしょうか?血統は加味しない主義でも穴馬に目がいくとこじ付けてしまう。そんな傾向にあります。近走二桁着順が続き今回は単勝9番人気。しかし、牝馬限定だがGT3勝の実績は侮れない。メイショウマンボから馬連流しで上位4頭へ。以上がエリザベス女王杯の予想とする。