競馬 金杯

2017 競馬 金杯

京都金杯オッズ理論

2017年の正月競馬の金杯ですが、ハンデ戦だけあり荒れる要素はあると思います。京都と中山なら距離の短い京都の金杯。ハンデは短距離の方が影響を与えやすいので中距離の中山金杯よりは穴馬が台頭しそうな予感です。2017年しょっぱなのメインレース。高配当をゲットしたいところですが安くとも的中することは縁起が良いので、とりあえず的中させたい気持ちが高まりますね!

 


競馬 金杯 予想

オッズ理論では京都の金杯を狙いたい。朝一と昼頃のデータより中穴馬が絡みそうだ。予想でも穴目はダンツプリウスが一押しか。同世代のエアスピネルが3着だった菊花賞の2着馬のレインボーラインと3才時に差の競馬をしている。力的に見てマイルなら通用しそう。エアスピネルとの馬連1点と、それを軸にした3連単で勝負したい。3着のヒモは上位になるが、逃げて残りそうなマイネルハニーとフィエロは3着に適した感じ。忘れずに購入したい。

競馬 金杯 中山

大荒れは期待できそうになくとも、1番人気のツクバアズマオーよりストロングタイタンの勢いを買いたい。相手はクラリティスカイとドレットノータス。馬単2点買で敢えてツクバアズマオーを消してみた。中山金杯は遊びで楽しもうかな、そんな予想でした。。