競馬 天皇賞

競馬 天皇賞 秋 2015

天皇陛下が見に来られる天皇賞秋、と聞くと思い出されるのがサイレンススズカが安楽死となった年だ。中距離の頂点決定戦で、実力ある馬たちが鎬を削るだけに事故は付き物。スピードに体が負けてしまったサイレンススズカの死は、この業界にとって衝撃的だった。2015年の出走馬にも似たタイプの馬がいる。乗鞍は武豊。なんとか無事にレースを終えて欲しい。

競馬 天皇賞 秋 予想

2015年天皇賞秋、出走馬から予想オッズを見ても荒れそうな雰囲気がプンプン。過去堅い決着もあるが波乱も多いレースだ。今年のメンバーは粒も揃わず少しレベルの低さが伺える。一番人気になりそうなラブリーデイ。宝塚GTの覇者だが、そのレースが物語るようにロングスパートを武器とする長距離が合いそうなタイプなだけに単勝1番人気は荷が重いのではなかろうか?
もっか重賞2連覇中のエイシンヒカリも逃げ一辺倒な脚質。東京芝2000Mを逃げ切るには至難の業だろう。その2頭からは人気の差が開くが、キレのある牝馬ディサイファやショウナンパンドラ。3歳勢のアンビシャス、サトノクラウンなどの台頭は十分考えられる。軸はこの中から思案するのが得策か。
また去年の覇者スピルバーグ、3着イスラボニータは枠が外すぎるのは不利な条件になり連軸まで。穴はそろそろ走りそうなワンアンドオンリー。ダービー馬が下位人気とは…競馬において実力が人気と反比例した時こそ狙い目。
前日の福永祐一騎手の落馬で年内復活が絶望的のニュースが。さて天皇賞秋、全馬無事のゴールインを祈りたい。そして天皇陛下を喜ばせて欲しいものです。